食事を我慢せずに気軽にゼニカル服用

「脂っこい食事も我慢せずに食べたい」という人に向いているのが、ゼニカルです。
1日3回食事中or食後1時間以内に1錠ずつ服用することで、食事に含まれる脂肪の吸収を抑える働きが期待出来ます。さらに効果を出したい人は、食事に食物繊維の多い野菜などを取り入れるのがオススメです。
食物繊維には脂質を絡めとって排出させる作用があります。ゼニカルは脂肪分を未消化の状態に保ちますが、それに加えて食物繊維で未消化の脂肪分を排出させてあげれば高い効果が期待出来ます。また、ゼニカル服用時に起こりやすい脂状の便が抑えられる可能性もあります。
食事を我慢せずに食べられるというところが最大のメリットで、これは食欲抑制剤とは大きく異なる点です。食欲抑制剤の場合は、例えば飲み会やパーティなどの時にも食べられないので付き合いが悪いなどと感じられてしまうこともあります。しかし、ゼニカルは食べてもそれを脂肪として蓄積させないので周りの人に合わせて食事を摂ることが可能です。
食事上の付き合いが多くて太り気味という人にとっては、とても大きなメリットです。
ゼニカルを服用する際の注意点ですが、1錠で脂質30%カットの効果が得られるならば、2錠飲めば60%カット可能なのかと考えて多く服薬してしまうのはいけません。確かに体内の成分濃度が高くなり、消化酵素のリパーゼ抑制への働きが微弱に向上するかもしれません。
しかし、用量を超えた服薬は副作用が出てしまう危険性もありますし、たくさん飲んだからといってリパーゼ抑制作用が大きくアップするわけでもありません。
それよりも、毎日少しずつ余剰になっていた脂肪分を減らすように続けて摂取することの方が大切です。